器と食のイベントのご案内

【青木浩二展 参加者限定特別企画】

青木さん告知トップページ最

– 陶芸家と日本料理家から学ぶ、器の使い方、料理の盛りつけ方&
早春の食材を使用したお弁当をいただくランチ会 –

日本料理家から学ぶ和食のいろはや料理の盛りつけ方
繊細で美しく、調理法や盛りつけに芸術的なワザがあり、
器や配膳にまで趣向が凝らされた和食は、世界に誇れる日本文化のひとつです。

「出汁の取り方、食材の切り方、調理方法、全てに一つ一つ意味があります。」
と日本料理家の豊田恭子さんは言います。

「日々調理方法が省略化されつつある中、
良き古き日本の伝統を守り伝えたい」という想いで作る豊田さんの和食は、
繊細で深みがあり素材が喜ぶ味がする。

ひと手間ひと手間かけられた味には全て意味があるのだと、
料理を目で見た瞬間も、味わった瞬間も感じることができました。

今回、豊田さんから和食のいろはや、
和食の盛りつけ方の基本〜美しい盛り付け方を学びます。

多様に使えるオリジナルデザインの器「平盛鉢」を使用してのmyお弁当づくり
盛りつける器はgallery Casaさかのうえで3月8日〜3月16日まで個展を開催する
鎌倉の陶芸家・青木浩二さんの作品を使用します。
青木さんの作品は、
手捻りだとは思えないほど薄く繊細で、独特の風合いを持ち、
シンプルかつ存在感がありながらも、しっかりと料理を引き立てます。

そして、今回は豊田さんが作った料理を、
参加者の皆さんお一人お一人が青木さんの器に盛り付ける、
myお弁当を作り&ランチ会の開催も企画致しました。

器は今回の企画のために作っていただいた、
直径約16cmの丸形に高さ約3.5cmのオリジナル平盛鉢。
ご希望の方は器をお持ち帰りいただけます。

お気に入りの一枚を選んでいただけるように、
色の展開や、形も少しずつ変えて作っております。

ちらし寿司を入れたり、惣菜を盛りつけたり、菓子皿として・・・
多様に使え、お料理が更に美味しく見える、持っていて損はない一枚です。

青木さんとのトークセッションを交えながらのワークショップですので、
器を作るまでの過程や込められた想いなどもじっくりと聴いていただけるお時間になっております。
早春の景色をさかのうえから眺めながらの贅沢な時間を過ごしましょう。
ご参加をお待ちしております^^

青木さんイベント
______________________________________________

Profile
日本料理家 ・ 豊田 恭子(とよだ きょうこ)

1973年 生まれ。横浜出身。
1992年 横浜雙葉学園卒業
1994年 聖心女子専門学校 英語科卒業

料理上手な母、祖母より手ほどきを受け、18歳より近茶流の料理教室に通い始める。
卒業後は、5年ほど会社に勤務したのち退職。

2000年 エコール辻日本料理マスタカレッジに入学、翌年卒業後、六本木の割烹料理屋で修業を積む。
またケータリング業、新規店舗のメニュー開発、調理等にも関わる。
その後再び会社に勤務し、休日には友人知人に料理を教えて過ごす。

2012年に20年間通い続けた料理教室が終了した事をきっかけに2013年会社を退職し、
都内にて日本料理教室を主宰。

Profile
陶芸家 ・ 青木 浩二 

______________________________________________


■日時
第一回 2014年3月12日(水)11:00〜14:00定員に達しました。只今キャンセル待ちで受付しております。
第二回 2014年3月15日(土)11:00〜14:00 定員に達しました。只今キャンセル待ちで受付しております。

■定員
各8名

■参加費(A.Bどちらかをお選びください)
A.参加費(ランチ代含む)              4,000円

B.参加費+青木浩二オリジナル器付き(ランチ代含む) 8,000円
お弁当作りの際に、ご自身で盛りつけて使用するお皿を1点選んでお持ち帰りいただけます。

【サイズ】
外寸 高さ約3.5cm 直径約16cm
内寸 高さ約3cm 直径約15cm

【色】
6〜7色を予定

青木さんオリジナル

■お申し込み方法
こちらの問い合せフォームより
・イベント名
・希望日(12日、15日のいずれか)
・参加費(A.Bのいずれか)

を明記の上お申し込みください。追って、詳細と、ご入金方法を送らせていただきます。

※事前のお振込「横浜銀行(株)さかのうえ専用口座」とさせて頂きます。
※定員が少ないため、満席になった場合はキャンセル待ちとさせて頂きます。
※満席になった時点で、ホームページにて満席のお知らせを致しますが、
タイミングによりお知らせが遅くなる事もありますのでご了承くださいませ。