身体デザイン思考講座〜肩甲骨〜

IMG_2014_07_31_999_125-01_sRGB

『身体デザイン思考』講座
– フランクリンメソッドに基づく“からだの使い方を変える「イメージの作り方」-


普段の生活で、自分のからだを意識することはありますか?


トレーニングやヨガ・ピラティスなどでからだを動かしたり
マッサージや整体、姿勢矯正などでからだのメンテナンスをしたり

日頃から意識して、いろいろ取り組んでいる。だけど…


「あまり変化の実感がない」

「からだをうまく使えていない」

「このやり方でイイのか、よくわからない」

「もっとラクにからだを動かしたい」

「なにか根本的なアプローチをしたい」


と思ったことは、ありませんか?


そんな思いに向き合うために生まれたのが、
『身体デザイン思考』です。




自分で内側から変えていく動きの新発想

身体デザイン思考とは、

  身体   → からだの動きを  
  デザイン → よりよくするための  
  思考   → 知覚して考える方法  です。


身体デザイン思考では、

  骨・関節の「かたち」を知る
  骨・関節がもつ「動きのしかけ」知る
  骨・関節の「自分のパターン」を知る


ことを、からだを使って体感しながら行います。


そのプロセスを通して
からだの使い方を変える「イメージのつくり方」を学びます。


身体デザイン思考は、
生体力学や認知科学などの科学知と
動きの教授法フランクリンメソッドに基づいた
「からだの使い方」を学習するための方法です。


科学の視点をとり入れ
運動経験や知識にとらわれず
だれもが、いまから学ぶことができます。


新しいイメージが自分の中にできると、
「効率的でラクなからだの使い方」が
自分でわかるようになっていきます。


そうなれば、
トレーニングやレッスン効果を自分で高めたり
そもそも歪みや疲れをつくらないからだにしたり
よりよい方向に自分で変えていけます。


からだの使い方を変える『身体デザイン思考』はじめてみませんか?

②IMG_2014_07_31_999_63-01_sRGB

今回は、身体デザイン思考<mini版> を開催します。
コンパクトな内容で、気軽にお試しいただけます。
ご参加をお待ちしております!

——————————————————————–

 ■ テーマ  『肩甲骨』

 ■ 日時   8月10日(日)9:00〜10:00 【定員に達したため、募集は終了しました】

 ■ 場所   Casa さかのうえ 

 ■ 料金   5,000円

 ■ 服装   動きやすい格好(シューズ不要)


【今後の予定】

次回以降の身体デザイン思考<mini版> は

 ■ テーマ 『背骨』
 ■ テーマ 『骨盤・股関節』 を予定しております。

ご興味のある方は、
こちらのご要望フォーム
参加しやすいエリア・曜日・時間をご記入ください。
今後の開催日程・場所の参考にさせて頂きます。

——————————————————————–
 
 
【講師紹介】
IMG_2014_07_25_999_345-01_sRGB-02-2

齋藤 美和子 Miwako Saito

横浜出身。慶應義塾大学経済学卒業後、日系・外資系金融機関で法人営業としてはたらく。
ワークライフをよりよくしていくためには、身体のあり方が重要であることを肌で感じる。
一念発起で金融業界を卒業、慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科で、人間の動きとその学習法・能力開発を研究。
修士号取得後、動きのプロフェッショナルに採用されているボディワーク:フランクリン・メソッド(FM)エデュケーター資格取得。

現在は、生体力学と認知科学に基づく科学知と、FMの実践知を融合した学習プログラム「身体デザイン思考」を開発・提供している。
「自分の環境=tokoro」をよりよくする処デザイン学舎を主宰。
FMロゴ黄色